昭和33年、日本の自動車産業界に衝撃を走らせ、自動車
新時代を築いたフロンティア的存在ともいえる「スバル360」。
私ども富士機械株式会社の自動車部品部門はここから
スタートいたしました。
 
それから半世紀、日本の車社会は、急速な発展を遂げ
安全性、機能性、より速い走りを追求しつづけております。
私どもも「スバルの富士重工」のグループの一員として
それらの高度な要求にお応えするとともに、市場のニーズを
先取りした商品開発に積極的に取り組んでいます。
そして、自動車部品専門メーカーとして培った技術で
産業機械用、農業機械用、建設機械用トランスミッションの
開発を行い、新しい分野の開拓も手掛けております。
21世紀を迎えて新しいモータリゼイションの形が
要求される中、環境と車の共存をテーマに時代のニーズを
先取りし、専門メーカーとして、また提案型の企業としての
歩みを確実にすべく技術・品質の向上を最優先に
全社一丸となって信頼される製品づくりを目指していく所存で
ございます。
なにとぞ皆様の一層のご指導ご鞭撻を賜りますよう心より
お願い申し上げます。