富士機械株式会社ロゴ
SUBARUロゴ
HOME採用情報先輩社員の声生産技術部生産技術課

生産技術部
生産技術課

「世界を走るスバル車に、自分の仕事が息づく喜び」

先輩社員の声生産技術部生産技術課

生産技術部 生産技術課
K.I.さん
工学部 機械工学科卒業
2013年入社
群馬県出身

一日の業務の流れ

  • 7:30

    従業員駐車場に到着。

  • 8:00

    朝礼

  • 8:05

    試作用の設備にてギヤ歯形の改善加工試験。

  • 10:00

    会社の屋上で休憩。

  • 10:10

    加工試験品での計測データ整理。

  • 12:10

    社員食堂で昼食。

  • 12:50

    午前中の試験結果を検討。良好であったので、続いてミッションに組み込み、振動計測を実施。

  • 15:00

    振動計測の結果が良好。量産に切り替えるために、CADで工程指示書の作成。

  • 16:00

    上記TMの図面と添付書類を提出。点検、修正を受ける。

  • 17:00

    次の試験に備え、使用する治具の図面を書いたり、購入品の選定をする。その後、退社

Q1現在の仕事内容

スバル車用マニュアルトランスミッション(MT)の製造ラインの整備や、生産性向上に取り組む仕事をしています。
特に新機種の生産を開始する際には、お客様である富士重工様と折衝し、当社のラインで製造する上での課題や見積もり、コストや所要期間について詳細な検討を行います。 検討を受けて、効率的に生産を行うために生産ラインのレイアウト変更や作業に必要な治具の設計、工作機械の自動プログラムの変更などを行います。
生産ラインを構成する際や治具を設計する際には、作業者の目線に立った、使いやすい・分り易いものにするため、実際に作業する人と話し合い、相互に理解することが重要です。

Q2仕事のやりがい・いちばんうれしかったこと

一から新しい生産設備を導入する際は、精度や仕様の問題が発生しないように限られた時間で多くの事柄を改善しなければなりません。
また、時間コストを圧縮するために、生産設備が稼働する「サイクルタイム」を最適な値にする必要もあります。
こうして新設備が問題なく稼働し、そこで生産されたものが実際に使われているのを見た時には、大きな達成感を感じます。

Q3入社を決めた理由

元々自動車業界に興味を持っていました。エンジンが車の「心臓」であるとすれば、トランスミッションは車が走るための「中枢神経」ともいえる重要な部品です。
当社はこのトランスミッションを、設計開発から部品加工、組立まで一貫して手掛けており、大きな魅力に感じました。
また、入社前に出会った社員や社内の雰囲気から、従業員を「人財」として重要視して大切にしている雰囲気を感じ取ることができ、入社を決めました。
自分の興味に直結した仕事に携わることができ、日々充実しています。

Q4就職活動中の学生の皆さんへ

これは今の仕事を進めるうえでも重要なことなのですが、「速く行動する」ことのメリットは大きいです。
その上で、様々な企業に触れ、自分の持っている夢に合ったところを見つけることが大切だと思います。